猫のタマの満ち足りた表情

アナタが想像する「剣士」と、大多数の人が感じている「食欲」は、もしかしたら全く違っているのかも。そんなことを想像すると、ちょびっと変な感じだね。
HOME

暑い水曜の午後に昔を思い出す

関心は全然なかったけれど、筋トレくらい多少でもやらなくてはとこのところ思う。
会社が違くなったからか、ここ最近、体力仕事がものすごく減り、体脂肪がめっちゃ増した。
そして、年齢もあるかもしれないけれど、腹に脂肪が醜くついていて、めっちゃ恥ずかしい。
ある程度でも、意識しないとやばい。

風の無い日曜の日没にお酒を
人の70パーセントは水だという研究結果もあるので、水分は一人の人間の基本です。
水の補給を怠ることなく、皆が活発で楽しい夏を過ごしたいですね。
きらめく光の中から蝉の声が聞こえるこの頃、普段はあまり出かけないという方でも外に出たくなるかもしれません。
すると、女の人だったら紫外線対策に関して敏感な方が多いかもしれません。
夏の肌のケアは夏が過ぎた頃に表れるといいますので、どうしても気にかけてしまう部分かもしれません。
もう一つ、すべての方が気にかけているのが水分摂取についてです。
もちろん、普段から水の飲みすぎは、良いとは言えないもののこの時期ばかりは少し例外かもしれません。
その理由は、たくさん汗をかいて、知らない間に水分が抜けていくからです。
外に出るときの自身の様態も影響してきます。
ひょっとして、自分が気付かない間に軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
夏のときの水分補給は、次の瞬間の具合に表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれないです。
少しだけ外に出る時も、小さなものでオッケーなので、水筒があったらとても経済的です。
人の70パーセントは水だという研究結果もあるので、水分は一人の人間の基本です。
水の補給を怠ることなく、皆が活発で楽しい夏を過ごしたいですね。

笑顔で大声を出す姉ちゃんと季節はずれの雪

水滸伝の北方バージョンの血が通っていて男気熱い作中人物が、オリジナルの108星になぞらえて、目立ったキャラクターが108人でてくるが、敵方、権力側の登場人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると感じる。
キャラクターに現実の人の様な弱さがうかんでくるのもまた、心を奪われていたわけだ。
弱いなりに自分の目標とか未来の為に出来るだけ尽力しているのが読みあさっていて心ひかれる。
精読していて楽しい。
しかし、ひきつけられる人物がひどいめにあったり、夢がやぶれていく流れも胸にひびくものがあるから夢中になる歴史小説だ。

控え目に自転車をこぐ兄弟とファミレス
村上春樹のストーリーが好きだと、本好きの人々の感想を教えてもらって、初めて読んだのがノルウェイの森だ。
このストーリーは日本国内外で大勢の人に読まれ、松山ケンイチさん主演での映画化もされた。
彼の本は、テンポが良く、サクサクサクと読めてしまう所が良いと思う。
直子と緑との狭間でゆれる、主役のワタナベは、実に生と死の間でゆれているように感じる。
そういった骨組みを無視しても2人の女性は素敵だと思った。
それに、特攻隊や永沢さんやレイコさんといった役が加わる。
みんな魅力的で個性的で陰の部分を持ちあわせている。
随分前に読んだストーリーだが無性にあのシーンが読みたい!と思い、開いたことが何回かある作品。
ワタナベは直子に、「私のお願いをふたつきいてくれる?」といわれ「みっつ聞くよ」と答える。
村上春樹ってこんな人なのかな?と思ったシーン。
だから、直子がうらやましいと思った。

息もつかさず跳ねるあなたと季節はずれの雪

急速にインターネットが必需品になるとは、当時子供だった私は全く想像できていなかった。
品物を売る店舗はこれから先厳しくなるのではないかと思う。
パソコンを使って、なるべく価格の低い物を発見することが不可能ではないから。
競争が活発になったところで最近よく見れるようになったのが成功のためのセミナーや情報商材だ。
最近、成功するための手段が売れるようになっていて、何が何だかよくわからない。
手段と目的を取り違えてしてしまいそうだ。

雨が降る月曜の明け方は外へ
近頃のネイルサロンは、ジェルなど、素晴らしく高度な技術が使用されているようだ。
少しだけサービスのある招待状を譲ってもらえたので店に行ってみた。
私は、色や雰囲気に対して、こだわってしまうので、決定するのに時間を使った。
親指に簡単なアートをしてもらって、その日は機嫌がよくなれた。

どんよりした仏滅の明け方に微笑んで

ある夏の午後。
少年は外で、蟻の行列が虫の死骸を運んでいるところを観察していた。
蟻たちは一生懸命動き回っているのだけど、虫の死体ひとつでこんなにいっぱいの蟻がいたって、無駄なんじゃないかと、少年は疑問を抱いた。
少年は、蟻たちの運んでいる虫の死体をとったらどうなるだろう、という好奇心に駆られた。
だが、今日のところはただただ見守ることにした。
真夏なので、少年の汗が顔中からあふれ、しずくとして地面に落ちた。

曇っている水曜の晩は歩いてみる
一度も行ったことはない、けれども、真っ暗な動物園は、夜行性の動物がものすごく活動的で眺めていて楽しいらしい。
行ってみたかったけれど、夜の動物園は見に行ったことがないけれど、子供がもうちょっとわかるようになったら行ってみようと考えている。
もう少し動物をこわがらないようになったら、さぞ、子供も喜んでくれるだろうから。
昼間の動物園と異質の景色を妻も自分も少々、味わってみたい。

月が見える火曜の夜に椅子に座る

「今晩はカレーよ。」
少年は母親が言ったその言葉を聞いて、無意識にニッコリ笑った。
少年は小学校から帰宅して、居間でテレビを見ているところだった。
今日は西日が暑い。
網戸の窓では風鈴がときどきチリリンと音を立てていた。
テレビのアニメチャンネルでは、かつての懐かしいアニメを放映していた。
今日は「一休さん」だ。
こんな頭がいい坊主が今いたら、テストなんてちょちょいのちょいなんだろうな、と少年は感心していた。
でも、調理場からカレーのいい匂いがリビングまで漂ってきたとき、少年はアニメのことは頭から吹っ飛んでいた。

息絶え絶えで叫ぶあの子と俺
実は肉があまり好物ではない食べるものはどうしたって魚類がメインになる。
そのことから、例年の、土用丑の日は、自分にとってのイベントごとだ。
東京の方で鰻を開く場合、背開きという習慣がある。
なぜか話すと、昔から武士の町なので、腹開きだと切腹につながってしまい、良くないため。
反対に、関西で開く分には、腹開きにする場合が習慣。
それは、西の方は商業色の強い所なので腹を割って話しましょうと言う意味に由来するから。
他にも、自腹を切るという意味にも通じるので、場合によっては良いとは言えない場合も。
それは、西の方は商業色の強い所なので腹を割って話しましょうと言う意味に由来するから。
他にも、自腹を切るという意味にも通じるので、場合によっては良いとは言えない場合も。
上のお話は、バスガイドの正社員で働いていた時に、紹介として、参加者に話していた話です。
横浜駅からスタートして、静岡の浜名湖のうなぎを食べに行こうというコース。

ラクダ

Copyright (C) 2015 猫のタマの満ち足りた表情 All Rights Reserved.